ご購入までの流れ

まずは不動産会社に相談を



いざ買う決心をしたものの、情報サイトには大量の物件や複雑な条件…。

多すぎる情報に迷ってしまい、物件を決められなくなってしまいます。

まずは不動産会社に相談してアドバイスを求めましょう。

話をしているうちに自分にピッタリの物件像が見えてくるハズです。

希望条件の確定



不動産のプロに相談しながら、物件の価格・部屋数・エリア・設備・周辺環境…。

様々な希望条件を確定させましょう。

「注文住宅を考えていたがよい条件の分譲住宅を見つけられて価格を抑えられた!」

より良い好条件も見つかるかもしれません。

物件を内見しに行こう!



希望にあった物件が見つかったら担当者と一緒に現地へ!

実際に物件やその周辺を見てみると、受ける印象もまたガラリと変わります。

お住みになる方や同行するプロによって着目すること、気づくことも違いますので

ご内見の際はお住みになる方全員で向かうことをお勧めします。

購入の申し込みをする



「購入してもいい」という物件が見つかれば、担当者と一緒に申込書類を作成しましょう。

お客様の状況によって用意する書類は様々です。

現金・ボーナスなどを利用した支払い方法。車などで他に組んでいるローンの確認。

支払いやすい銀行のチェック。物件ごとの特約など…。

確認項目は多岐にわたります。担当者と一緒にもれなくチェックしていきましょう。

(売買)契約の締結



すべての確認項目をクリアした後は、用意された「契約書」を用いて契約を結びます。

専用の印鑑を用意したり、大安などの日付を確認したり…。

スケジュールを調整して、人生の一大イベントを迎えましょう。

関係書類の届け出と物件の引き渡し



銀行や法務局、役所などに作成が済んだ書類を持ち込んだり、

住所変更などのために届け出をしたり…。

届け出が無事に全て済ませれば、ようやく物件を正式に受け取るための準備が終わります。

最後に立ち合いと引き渡しを済ませて鍵を受け取りましょう。

これで夢のマイホームはあなたの物です。

新居へ出発!



今までお世話になった住居を片付け、電気・ガス・水道などのライフラインに連絡をして…

荷造りを終えて引っ越し業者に連絡をしたら、ようやく新居に出発です。

 

夢にまで見た新しい住環境での生活を存分に満喫してください。